玄翁(げんのう)の使い方

スポンサードリンク

玄翁(げんのう)の使い方を解説したいと思っています。

■ 釘を打つ!

釘を打つのに、うんちくなんかいらない?

確かに!

釘を打つのも、へのへのマンがいつも言っているように、『習うより慣れろ』 だ!


でも、そこにもやっぱり経験が物を言うことも、やっぱりあるんですよ。
ちょこっと、書いてみますね。


■ 金槌(玄翁)の持ち方

金槌(かなづち)玄翁(げんのう)の持ち方

へのへのマンの金槌(かなづち)の柄は、『グミの木』です。


手がかなりでかいので(高花田関の手がたと同じくらいでした)普通の柄では細すぎるのです。
よって、自分で仕込むのですが、かなり太めにしています。

詳しくは叩く道具へ >>


握り方は、小指から巻き込むようにして握る。
実際に力をいれるのは小指と薬指がほとんどだ。


親指、人差し指、中指はそんなに気にしなくとも良い。
自分が楽な状態で良し。


これは、まったく、鋸(のこぎり)の時と同じだ。


ゴルフのグリップ、野球のバットのグリップと一緒で、中指人差し指に力が入り出すと
真っ直ぐ打つのが難しくなる。

要は、腕や肩に力が入ると、真っ直ぐにいかないということですね。


どうしても力一杯に打ち付けようとしますが、結局釘が曲がったりしてうまくいかないことが多い。

へのへのマンがいつも言うように、その道具を素直に使えば、その道具の力を100%
引き出すことが出来る。

でも、無駄な力を入れることで逆にまがったりするんです。


何事も、素直が一番ですぅ~~っ!!

とりあえず、一度試してみてくだされ!

この記事をYahoo!ブックマークに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する この記事を含むはてなブックマーク この記事を含むlivedoorクリップ この記事をnewsingに登録する この記事をChoixに登録する この記事をBuzzurlに登録する この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をdel.icio.usに登録する

« 鋸(のこぎり)で、切ってみる! | 玄翁(げんのう)の使い方


スポンサードリンク
Copyright © 2004-2012 DIY道具.com. All rights reserved