罫書く(けがく)

スポンサードリンク

罫書く(けがく)事を解説しますね。初心者であろうと無かろうと、罫書く(けがく)事をしないと、材料の加工が出来ませんね。

罫書く(けがく)ことから、始めないと、材料を切るに切れないでんな!
罫書き(けがき)もちょこっとした、ノウハウがあるんですわ!これがっ!

■その一 罫書き(けがき)


「罫書き(けがき)って、鉛筆でしるしをつけることでしょ~!」
「そんなに難しくないやん!」


って、あなたは、思ってまへんか?


そんななめた態度では、いか~~ん!何事も、基本が大事じゃーー!

かの、法隆寺の西塔でも、でっかい講堂を借り、数百枚のベニヤを並べ原寸を引いておるんじゃよ!

罫書き(けがき)が、何事でも基本になる!物を作るときには罫書きが一番大事じゃ~!

(↑ なぜか、仙人ことばじゃ 笑)

なんてね (笑)


ちょいと、声を荒げてしも~たけど、罫書きは(けがき)が本当に基本になりまっから
慎重にせな、あきまへんで! (笑)


後々の、仕上がりや、寸法の誤差等大きく影響する。大事にしてください。


といっても、最初は別に気にしなくても良いかも、
気にしすぎで、体が硬直してしまったらどうしようもなくなりまっからなっ。


どっちやねん! (笑)


ま~最初はきばらず、とりあえずやってみること!
その中で罫書き(けがき)の大切さはわかってきますんで。心の隅にとめるって感じかな。


■鉛筆(えんぴつ)

みなさん、鉛筆(えんぴつ)って、普通、HBとか使ってまへんか?


これも、もちろん超初心者さんは、何を使ってもらって結構です!HBでもOK!

でもね、へのへのマンは、どんなの使っていると思いまっか?

2H~4Hの ちょ~硬~い鉛筆を使ってるんでっせ~っ!


理由はでんな、HBだと、すぐ折れるんですわ、これが。。。


現場作業って自分が思っている以上に力が入っているんで、鉛筆(えんぴつ)が
ポキポキ折れてまいまんねん。 (笑)


罫書く(けがく)事が多いので、すぐに先っちょが、丸くなりま。


そんなわけで、ちょ~かた~い鉛筆(えんぴつ)を、使うようになったんですわ。


しかも、鉛筆の研ぎ方にもひと工夫がありまんねんで。 

鉛筆(えんぴつ)の先っちょはこんな感じで削ります。

解りにくいかもしれまへんが、

両サイドの2面をカッターナイフ、もしくは鑿(のみ)で長く削り、ナイフのようにします。
こうすることによって、細い線が出来るだけ長く引けるようになりまっ!

普通に、鉛筆削りで削るとすぐに丸くなるので、こうしてまんねん。


たかが鉛筆(えんぴつ)されど、鉛筆(えんぴつ)でしゃろ!

この記事をYahoo!ブックマークに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する この記事を含むはてなブックマーク この記事を含むlivedoorクリップ この記事をnewsingに登録する この記事をChoixに登録する この記事をBuzzurlに登録する この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をdel.icio.usに登録する

スポンサードリンク
Copyright © 2004-2012 DIY道具.com. All rights reserved