楽山 鉋(かんな)の解説

スポンサードリンク

「楽山」の解説をしたいと思います。「楽山」は、へのへのマンの持っている一番高価な鉋(かんな)です。

楽山、らくざん、鉋、かんな、刃

新潟県の職人さん碓氷健吾氏とともに近年「削ろう会」で活躍中の、横坂正人氏の最高級鉋(かんな)です。地金にこだわり、かんな身のすき削りにはセンを使った仕上げです。研ぎやすく切れ味のよい鉋(かんな)と評判の鉋です。

ちなみに削ろう会での削りテストの結果はこちら

楽山、鉋、かんな

三木の道の駅で、買いました。4万円以上しました。大阪の日本橋の道具屋街では、3万円台で、売っているのを知っていました。


が、この鉋(かんな)には何か引きつけられ、買ってしまいました。 


鉋(かんな)というのは電気道具と違い、制作者の魂が込められているものです。波長があったのでしょうね、タダ値段だけでないものを感じ取りました。

刃口は包み口です。包み口とは、仕上げ用の鉋(かんな)用の刃の口です。

この記事をYahoo!ブックマークに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する この記事を含むはてなブックマーク この記事を含むlivedoorクリップ この記事をnewsingに登録する この記事をChoixに登録する この記事をBuzzurlに登録する この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をdel.icio.usに登録する

スポンサードリンク
Copyright © 2004-2012 DIY道具.com. All rights reserved