子供椅子をつくるぞ~!の巻き5(丸鋸盤でほぞ加工)

スポンサードリンク

丸鋸盤でほぞ加工をします。トリマーは、オスのほぞ加工をしました。


次は、ほぞ加工にはいります。

まず深さを先ほど掘った側板で、測って確認!!

その深さよりちょっとマイナス目(奥で当たらないように
1ミリにも満たない程ですが)に定規をあわせます。

鋸の刃の出もあわせるのですが、コチラはきっちりか、少し大きめ。

理由は後で、鉋で削ってきついくらいにちょうどに調整するため。
一発でいける腕の持ち主は、一発に挑戦。

このときも失敗する前に、確認は大事!

捨て板で一度切り込んでみて確認してください。


高さも側板を確認して縦に切り込んでます。

今回は定規、ジグ等は使っていませんが、小さい部品、
精度を確実にするためには、ジグを作ってくださいね。

ますます、加工が楽しくなります。
そのつど、使い分けが大切ですね。

今回もきっちり直角に直立して切り込めそうになさそうなら、
急がば回れ、ジグを作ってからしましょう!

座板と背もたれの板のほぞの切り込みが終わりました。

今回は、テーブルソーでの加工をしましたが、トリマーやルーターでも

ほぞ加工が出来ます。

やりやすい方で、やられればOK!(笑)


座面、背もたれの角のアールを坊主面2分(半径6ミリ)で
アールに面取りします。

先に撮ればいいかもしれませんが、ほぞ加工の時にアールが付いていると加工しにくそうだったので、今回は後にしました。


横ほぞの仕上げです。

先ほど高さをきつめに設定して、切り込みました。

仮にはめてみて、固さを調整します。そのときに使う鉋(かんな)は

際取りかんなです。ほぞの入り墨までとれます。
無いときは、サンドペーパーを角材に貼り付けた物で削ります。

そしてかどの面を取っておきます。

【使用道具】
鉛筆/テーブルソー/トリマー/ ルーター/坊主面2分(半径6ミリ)/際鉋(かんな)/サンドペーパー/
あいかわらずわるい頭(笑)

この記事をYahoo!ブックマークに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する この記事を含むはてなブックマーク この記事を含むlivedoorクリップ この記事をnewsingに登録する この記事をChoixに登録する この記事をBuzzurlに登録する この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をdel.icio.usに登録する

スポンサードリンク
Copyright © 2004-2012 DIY道具.com. All rights reserved