丸鋸(マルノコ、丸のこ)の種類vo.5

スポンサードリンク

やっとこさ、商品についての細かい違いについて、書けます (笑)

マキタ(Makita)さんの、丸鋸(マルノコ、丸のこ)の新商品のラインナップは、

5617CBA / 5817CBA、5638CBA / 5838CBA 、5637BA / 5837BA 、 5636BA / 5836BA、
でしたね。

刃が165 刃が190
5617CBA 標準小売価格 37,400円(税別 レーザーダブルスリットチップソー付) 5817CBA 標準小売価格 40,700円(税別 レーザーダブルスリットチップソー付) 電子造作用精密マルノコ
5638CBA 標準小売価格 29,100円(税別 レーザーダブルスリットチップソー付) 5838CBA 標準小売価格 32,800円(税別 レーザーダブルスリットチップソー付) 電子マルノコ
5637BA 標準小売価格 25,800円(税別 レーザーダブルスリットチップソー付) 5837BA 標準小売価格 29,500円(税別 レーザーダブルスリットチップソー付) 電気マルノコ
5636BA 標準小売価格 21,800円(税別 チップソー付) 5836BA 標準小売価格 25,500円(税別 チップソー付) 電気マルノコ

ちがいが、簡単に解るように表にしました。

LED、通電ランプ 電子制御 精密造作丸鋸
5636BA / 5836BA × × ×
5637BA / 5837BA × ×
5638CBA / 5836BA ×
5617CBA / 5817CBA
こういうことなんです。

以下詳しく、説明すると、

5636BA / 5836BAは、×が3つもついて、だめなように感じますが、決してそんなことはありません。

以前、へのへのマンがオススメした、5634BA の、後継機種なので、サンデーDIYerは、もちろんのこと、プロでも十分使えます。

必要十分条件を満たしているってことですね。
5637BA / 5837BAは、その上にLED、通電ランプが付いてきます。

LEDは、トリマー等で説明したように、便利な機能です。切っている最中に、結構陰になることがありますが、そんな時けがきが見えにくくなります。

そんな時、LEDが付いていると、きっちりけがきを照らしてくれ、本当に役立ちます。

通電ランプは、作業の安全に役立ちます。いちいち、コンセントの元まで行くことをせずに、通電していることが確認できます。

5638CBA / 5838CBAは、電子制御がつきます。

前のページにも書きましたが、切っている時に、思わぬ負荷がかっても、回転を一定に保つような仕組みです。作用効率のアップにつながります。

5617CBA / 5817CBAは、車で言うと、セルシオのフルオプションみたいな物です (笑)

精密造作丸鋸とは、細部までダイキャストを使ったりして、丈夫にかつ、精度があがるように作られてます。

5617CBA / 5817CBAを使うと、実際どのようになるのか?

刃の調整、定規の調整が瞬時に出来て、実際に着るまでの時間短縮が出来、切り始めると、アルミダイキャストのベースにより安定し、また、電子制御により切り込む事がスピーディーになり、切り屑が後方に出るので、罫書きを見やすくなり、光の陰でもLEDライトによりくっきり、罫書きが見え、切り損じが少なくなります。

簡単に言いますと、とっても便利になりました! (笑)

まー確かに、最上位機種を選べば良いのですが、初心者の方には別段必要ない機能もあります。

電子造作マルノコまで、無くて充分ですね。

あとは、LEDランプ、電子制御が必要かどうかだけです。

それは、ここまで読んで判断してください!

後は、価格をどう判断するかだけです。

これからの使用頻度や、自分のしたいこと、奥さんの顔色だけです (笑)

この記事をYahoo!ブックマークに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する この記事を含むはてなブックマーク この記事を含むlivedoorクリップ この記事をnewsingに登録する この記事をChoixに登録する この記事をBuzzurlに登録する この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をdel.icio.usに登録する

スポンサードリンク
Copyright © 2004-2012 DIY道具.com. All rights reserved