鋸(のこぎり)の選び方 vo.2

スポンサードリンク

■ ゼット 八寸目

ゼット 八寸目.この鋸(のこぎり)は、目が細かくなるので、綺麗な切り口になります。
敷居・鴨居等の仕上げ材料のほぞ加工に使う大工さんもいます。265より厚みが薄くなり、初心者には使いにくいでしょうが、265を使い慣れ、ある程度、切れるようになれば、ステップアップに良いと思います。


■ ゼットソー タテビキ8寸目

ゼットソー タテビキ8寸目。この鋸(のこぎり)は、上記のタテビキ265よりさらに目が細かくなり、厚みも薄くなります。より精密な加工が出来ます。へのへのマンは、敷居・鴨居ほぞ加工の造作の時は、これを使います。

■ Zソー七寸目、バクマソー225七寸目

Zソー七寸目、バクマソー225七寸目。 この鋸(のこぎり)は、上記の8寸目よりさらに目が細かくなり、より精密な加工が出来ます。僕は、敷居鴨居ほぞ加工の造作の時は、これを使います。8寸目では少し荒すぎますし、下記胴付では、後ろの台がじゃまなので、こちらを使用。

■ 両刃鋸

両刃鋸。この鋸(のこぎり)は、皆さんおなじみの、昔ながらのノコギリです。今ホームセンターで売られているのは殆ど替え刃です。タテビキ、ヨコビキの刃がついています。建具屋さんなどよく使われています。一石二鳥のノコギリなのですが、初心者はやめておきましょう。理由は、身が薄いので難しい。初心者は良く刃の部分を欠けさせたり、踏んでだめにします。片方の刃がだめになると片方のの刃が使えていても、刃の交換または目立てに出さないといけないからです。へのへのマンは、7寸目とタテビキ8寸目2丁で使い分けます。

この記事をYahoo!ブックマークに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する この記事を含むはてなブックマーク この記事を含むlivedoorクリップ この記事をnewsingに登録する この記事をChoixに登録する この記事をBuzzurlに登録する この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をdel.icio.usに登録する

スポンサードリンク
Copyright © 2004-2012 DIY道具.com. All rights reserved