鉋(かんな)について

スポンサードリンク

鉋(かんな)は買ってすぐに使えないのをご存じでしたか?鉋(かんな)は最初に大事なことをしなければいけません。鉋について、解説します。

あなたが、鉋(かんな)を、連想するのは、おそらく台鉋(だいかんな)でしょう。


 余談ですが、歴史的には、その前に、槍鉋(やりがんな)というものがありました。
台鉋(だいかんな)が出来るまでは、すべてこれで仕上げていました。
 

 寺社仏閣などの、堂塔建築では、未だ使っている様です。
仕上げは、ピット!きれいに仕上がるというより、木のあたたかみを残したような感じに、
仕上がります。削る人の個性とか出ますね。


 台鉋(だいかんな)にもどると、まず、刃が1枚のものと、2枚の物(実際は1枚+押さえ)があります。
初心者は1枚鉋(かんな)は無視してもらっても結構です。(ちなみに”へのへのマン”も、持ってません。)


違いは、逆目が出ないような、工夫が、2枚鉋(かんな)にはあります。


買う前に!鉋(かんな)というのは、買ってすぐは使えません!


ええ~~~!!嘘や~~!!ほんまかいな~~!(みんな大阪弁?)とお思いでしょうが、本当です。


すぐ使えるというのは、専門店などが、あらかじめ、仕込みをしていてくれ ”すぐ使い” として出してくれてるか、それをしらず、無理矢理使っているかです。


そしたら、何故すぐ使えるようにして、売らないのか?と、あなたは思うでしょ?
それは、出来ないのです。するとかえって迷惑になるのです。


??


でしょ。 説明しましょう。まず刃の出なのですが、最後まで刃を出るようにして売ると、台は木ですから、反ったり変形したりします。すると鉋(かんな)はそんなにたくさん売れる物でもないので、仕込んでから年月がたつ程、台の変形のリスクが、伴います。


 一度仕込んでから、変形し、いざ売り物にするときに調子がいいとは限らないのです。それと、買われた方の、癖があります。


道具は、皆同じように使っているようですが、職人さんそれぞれのノウハウや、個性で仕込み方や、使い方の違いがあるために、一概に仕込めないと言う理由もあります。

この記事をYahoo!ブックマークに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する この記事を含むはてなブックマーク この記事を含むlivedoorクリップ この記事をnewsingに登録する この記事をChoixに登録する この記事をBuzzurlに登録する この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をdel.icio.usに登録する

鉋(かんな)について | 鉋(かんな)の各部名称 »


スポンサードリンク
Copyright © 2004-2012 DIY道具.com. All rights reserved