充電式ドリルドライバー、ドライバードリル

スポンサードリンク

充電式ドリルドライバー(充電式ドライバードリル)と、インパクトドライバーの違いは、まず、インパクトドライバーは簡単に言いますと、
叩きながら締めていくと言う感じ。ですから、ぐいぐい締めていきます。


一方、充電式ドリルドライバー(充電式ドライバードリル)は、叩くのではなく、クラッチの作用があるのです。
充電ドリルドライバーはグイグイ締めると言う感覚ではなく、クラッチで、締め付けトルクを、
管理する様な感じです。


力強く締め込む時にはインパクトドライバー。
一度組み立ててあったり、ねじ山があり、締め切るとだめなときには、
トルク調整をしながら、充電式ドリルドライバーでってなかんじで使えばいいと思います。


それと、充電式ドリルドライバー(充電式ドライバードリル)の大きな特長として、チャックの違いがあります。
先が、チャックもなく、インパクトのようにワンタッチで取り付けれる様にもなってません。


しかし、口を回して締め付ける様になっているため、ビット、木工錐、鉄鋼錐と選ばず取り付けれます。
ドライバーというだけあって、ちょっとした穴を開けるのには便利です。

締め付けトルクを段階的に設定できるため閉めすぎ対策にもなります。


へのへのマンは少し前まで現場でとられる前まで持っていたのですが、
下穴錐を充電式ドライバーに付けて下穴を開け、その後インパクトドライバーで締める。
という使い方(2丁拳銃のように?)をしてました。


現場では、電気屋さんがよく使われています。ねじの締め付けが多いのと、
たまに壁や器具に穴を開けるのにこれ一台でいけるからです。


組み立て家具ぐらいならこれでいけるでしょう。

この記事をYahoo!ブックマークに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する この記事を含むはてなブックマーク この記事を含むlivedoorクリップ この記事をnewsingに登録する この記事をChoixに登録する この記事をBuzzurlに登録する この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をdel.icio.usに登録する

スポンサードリンク
Copyright © 2004-2012 DIY道具.com. All rights reserved