スケール・メジャー・コンベックス

スポンサードリンク

 通常、へのへのマンは、スケールと言いますが、巻きじゃく、メジャー、コンベックスとも言います。

スケール(メジャー、コンベックス)選びの注意点は、

1.JIS企画かどうか
2.トータル長さ
3.本体の幅
4.目盛りの単位
5.材質
6.ストッパーが付いているか付いていないか

 1-JIS規格かどうかですが、ホームセンター等で売られている、安売りの物でもJIS規格がついているようです。スケール(メジャー、コンベックス)を少し引き出すと、先のエル形ちょい先に記してあるはずです。

 余談ですが、JIS規格がついているからといって、絶対に誤差がないわけでは有りません。

 何メートルに何ミリ(忘れました <(_ _)> )の誤差が認められています。本当に正確に作りたいなら一作品に対して、すべて同一のスケールで測り、制作します。

 トータル長さは、3.5m 5.5m 7.5m 10mとあり、これはあなたが、どの様に使うかによって決めて頂いて結構です。木工で使うなら、3.5mもあればいけるでしょうし、値段もそう変わらないので、5.5mにすれば家の、リフォームにも対応できますし、小さすぎず、大きすぎずで使いやすいと思います。へのへのマンは通常5.5m物を使っています。現場が大きくなると、7.5mの物を使ってます。

この記事をYahoo!ブックマークに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する この記事を含むはてなブックマーク この記事を含むlivedoorクリップ この記事をnewsingに登録する この記事をChoixに登録する この記事をBuzzurlに登録する この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をdel.icio.usに登録する

スケール・メジャー・コンベックス | スケール・メジャー・コンベックス vo.2 »


スポンサードリンク
Copyright © 2004-2012 DIY道具.com. All rights reserved