ドリルチャック

スポンサードリンク

ドリルチャックの解説をします。ドリルチャックは、インパクトドライバーの先につけて使用します。
インパクトドライバーの先はワンタッチ式になっているため、専用のドリルの錐しか使えません。
そのことを解消するためにあるのが、ドリルチャックです。

ドリルチャック

普通の電気ドリルでは先がこのドリルチャックになってます。


”へのへのマン”は使用頻度が高く、かなり過酷に使うので、首がねじ切れました(3回ぐらい買い換えました)


 マキタ製、ナショナル製、ベッセル【対衝撃ドリルチャック】のもあります。写真のよりも少し安いです。ベッセル製がオススメ。


DIY初心者には、どれでもいいでしょう。そんなに大差がありません。ベッセル製ドリルチャックはチャックハンドルなしでいけるので簡単かもしれませんね。

ただ、使える錐が確か、鉄鋼きりで8.5ミリが最高だったと思います。写真のは10ミリまでいけます。


インパクトで使うときには、あまり長時間負荷をかけ続けると、上記のように首がねじ切れますので、そんなときは、電気ドライバーが必要になります。あくまで、インパクトドライバーで、簡易的に使う物です。

この記事をYahoo!ブックマークに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する この記事を含むはてなブックマーク この記事を含むlivedoorクリップ この記事をnewsingに登録する この記事をChoixに登録する この記事をBuzzurlに登録する この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をdel.icio.usに登録する

« 電気ドリル(電動ドリル) | ドリルチャック


スポンサードリンク
Copyright © 2004-2012 DIY道具.com. All rights reserved