DIYの流れ

スポンサードリンク

このページでは、DIYの流れについて書いていきたいと思います。DIY、木工、クラフト、日曜大工では
どのような流れで、作業を進めればいいのか?考えていきましょう。


さて、何から始めたらいいのか?


初心者の方には、皆目見当がつかないことでしょう。


なにか、大げさなことから始めなくてはならないのか?
祈ることから始まるのか?(そんなことは無いです。笑)


そしたら、材料を買ってくる?


おしーいっ!


それよりも前にやることがあります。


まず、何を作るかどんな物を作るか決めること!です。


先走ってはいけません。ここで、ある程度きっちりした物が想像できていれば
作業効率も、精度も、完成度も高まりますっ!


逆に、想像できない物は、なかなか形にするのは大変です。


まして、休みの日だけで作業するなら時間の制約が出てきます。
作業を効率化したいのであれば、ここでしっかりとした、イメージ作りが大切です。


けど、心配なさらずに。
最初は何もわからないですから、参考になるものを、雑誌、インターネットで見つけてください。
まずは、自分の理想を思い描いてください。夢いっぱいに!


そしてまず測る。


棚を作りたいのであれば、置く物を、そして取り付けたいところの寸法を測ります。
家具でしたら、設置するところの詳細な寸法を測ってください。


それから先ほどの夢いっぱいの理想のもののスケッチを描きます。


本当は、へのへのマンは絵に描けない物は、現実にも形に出来ないと思っています。
ですが、はじめから、誰もが絵が描けるはずありません。心配しないで!


うまくなくてもいいです。自分の物ですから。誰にも、文句を言われる筋合いはありません。
たまに、奥さん、彼女、彼氏に笑われることがあるかもしれませんが、それは愛情表現だと思ってください(笑)


実はこの作業で段々頭の中で形が出来てきます。慣れてくると、組み立ての順番とかがシュミレーションできてきます。


プロでしたら、これを設計、図面といった作業になるわけです。


ここで、何度も失敗してください。


失敗?


そう、失敗です!


実際に木を切ったり、道具を買ってきてからの失敗って、実際お金がかかるので、
もったいないでしょ?


だから、ここでいっぱいシュミレーションして、実際加工してからのミスを最小限に
したいのです。

先ほど描いたスケッチにその寸法を入れていきます。


そこで、もう一度検証します。


置こうとしてた物が、おけますか?それで、果たして、入りますか?
取り付けることが出来ますか?強度は大丈夫ですか?etc・・・


実際の現場(その場所)でスケール、差し金をこねくり回してイメージしてください。


この作業も、慣れれば適切な質問が自然に出来るようになるので、最初は心配なく。


しかし、このような一見めんどくさそうなプロセスですが、
この作業をしているのと、していないのとでは、
後々、差が出てきます。


究極には、このような作業を、頭の中だけで、出来るようになるかも?
そしたら、プロの領域です!いや、それ以上かも!


ある程度、スケッチが完成してから次は、その絵をばらします。


組み立てる材料のパーツ、パーツに一個、一個絵に描いていきます。


パーツ図を描くのです。切りながらその都度その都度切る寸法を計算したり、測っていては
効率が悪くなるので、ここでしっかりばらします。


もう一度、確認してOKがでてから初めて、材料なり、足りない道具なりを買いに行きます。


そのときにはスケッチから、どれぐらいの材料がいるのか、計算しておいてくださいね。
買いに行った先で、あれ?どれだけ材料がいったのかな?」とかには、ならないでくださいね。


時間がもったいないですから。

この記事をYahoo!ブックマークに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する この記事を含むはてなブックマーク この記事を含むlivedoorクリップ この記事をnewsingに登録する この記事をChoixに登録する この記事をBuzzurlに登録する この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をdel.icio.usに登録する

スポンサードリンク
Copyright © 2004-2012 DIY道具.com. All rights reserved