穴を開ける道具

DIY・木工・リフォームなど、穴を開けることも多いと思います。このカテゴリーでは、穴を開けるときに使うドリルやきり(きり)などを紹介します。

穴を開ける道具一覧

木工錐(もっこうきり)
へのへのマンが使っている木工錐です。 木工錐は、読んで字のごとく木に穴を開けるキリです。 先がねじ状になっているので、ドリルを回すと、自分で材料を引きつけながら穴を開けていきます。 写真左から、6ミリ...
自在錐(じざいきり)、自由錐(じゆうきり)
自在錐です。6角レンチで大きさを変えて直径130パイぐらいまでの穴を開けることができます。現在は蝶ねじで調節できるようになっていますので、便利になりました。 非常に便利です。ですが、少々慣れるまで注意...
鉄鋼錐(てっこうきり)
鉄鋼錐(てっこうきり)の解説をします。通常はもちろん、鉄板などの鉄やステンレス製のものに穴を開けるときに使用しますが、木工でも重宝します。 鉄鋼錐、左から7ミリ、8ミリ、9ミリ、10ミリ、次に1.5~...
電気ドリル(電動ドリル)
電気ドリルの解説をしようと思います。電気ドリルの種類もたくさんあるのですが、へのへのマンは、純粋な、電気ドリルではなく、振動ドリルを使っています。 振動ドリルとは、回転するときに錐が振動するようになっ...
ドリルチャック
ドリルチャックの解説をします。ドリルチャックは、インパクトドライバーの先につけて使用します。 インパクトドライバーの先はワンタッチ式になっているため、専用のドリルの錐しか使えません。 そのことを解消す...

スポンサードリンク
Copyright © 2004-2012 DIY道具.com. All rights reserved